電子書籍をお得な方法で購入しよう!

電子書籍は再販制度適用外である点に注目

出版業界には「再販制度(再販売価格維持制度)」という厳格な制度があり、長く定価販売が固く守られてきました。しかし、2010年代に入って登場した電子書籍(雑誌含む)というものは今のところ、再販制度適用外の商品として扱われています。これは業界側にとっては大変不都合な大問題ながら、安く買いたい消費者や価格でライバルに差をつけたい電子書店側にとっては都合が良い問題です。そのため、電子書店側では期間限定で「100円セール」コーナーを設けたり様々なフェアを開催して、積極的に割引販売をしているところもあります。値引きはしない方針の電子書店もありますが、お得にお買い物したい場合は値引きを積極的に行う電子書店でセール・フェア開催時にまとめて色々な本を買うのがおすすめです。

その他のお得な購入方法

古本屋は別として、街の書店では漫画の単行本は1巻ごとの単品販売が基本です。しかし、電子書籍の世界では商品を置くスペースの制限がないこともあり、全巻セット販売が当たり前のように行われています。そして、ただでさえ紙の単行本より電子版のほうが安い傾向である上に全巻をまとめて買うと大幅に安く買えるケースがありますので、漫画を買うなら全巻まとめ購入がおすすめです。また、某大手電子書店は月額1000円ほどの定額費を払うと対象書籍や雑誌・漫画が読み放題になるサービスを2016年からスタートしました。読み放題作品は入れ替えるためいつまで読めるかわかりませんが、このサービス経由で読んでみて本当に手元に置いておきたい良書だけ紙の本で注文すると、部屋に余計な荷物が増えません。