電子書籍で読むことができるいジャンルは?

あらゆるジャンルの本が読める

電子書籍で読めるジャンルというものは、特定のジャンルの電子化率が高い・低いといった傾向はあまりなく、あらゆるジャンルの紙の本が続々電子化されています。また、雑誌分野に関しても、紙版・電子版を同日発売する雑誌がどんどん増えており、各ジャンルの雑誌の電子版をすぐに読めるようになってきています。ただし、昔出版された写真集系作品に関しては、今のところほとんど電子化されていないため、欲しい作品がある場合はオークションなどで紙の写真集を競り落とすしかない部分がまだあります。なお、例えば自身の年齢・性別・立場などから考えると街の書店ではレジに出しにくいようなジャンルの本も、人の目を気にすることなく気軽に買えるのが電子書籍の良いところと言われています。

電子書籍反対派の出版社・作家もいる

近年、新刊作品が紙版・電子版同時リリースされるケースが増えてきているほか、既刊紙書籍に関しても、著者の了解を得て電子化される作品がどんどんと増えています。しかし大手出版社の中で、昔から街の書店との近い距離間を大事にしてきたある1社に関しては電子書籍完全反対派であることを公に公言しています。そのため、その出版社の書籍・ムック・雑誌に関しては、まったく電子版を読むことはできないので街の書店やネット通販にて紙の作品を買うしかありません。また、作家の中にも電子書籍反対派であることを明確に表明している作家もおり、そういった作家の作品に関しては、一切作品が電子化されないので紙の本を買うしかありません。このように国や出版系公共団体の政策などでジャンル単位で電子化が禁じられているようなジャンルはないものの、出版社・作家単位で電子書籍で読めないケースはあります。